出産ジャーナリスト 河合蘭 Offcial Site

About

ごあいさつ

ようこそ当サイトにおいでくださいました。

都会で忙しく暮らしている人も、自分が身体という大自然を持っていたことに気づかされ、たくさんの発見をするのが妊娠、出産、そして子育ての時間です。私は命への興味、そして親としての出産・育児体験がきっかけとなってこの分野に関心を持ち、取材を重ねれば重ねるほど「”産む”とは、”育てる”とは、どういうことなのだろう」と、このテーマに惹きつけられてきたフリーのジャーナリストです。

このサイトでは、私が書いたもの、撮ったもの、話したことをご案内すると共に、日記などで日々の思いをお伝えしていきます。
ささやかな個人のサイトですが、どうぞゆっくりとお過ごし下さい。

河合 蘭

 

プロフィール

1959年東京世田谷区の生まれ。1986年より出産、不妊治療、新生児医療を追い続けてきた出産専門のフリージャーナリスト。

3人の子どもを育てつつ、女性の立場から、現代人が親になるときのさまざまな問題について書いてきた。

『出生前診断-出産ジャーナリストが見つめた現状と未来』(朝日新書)で、2016年科学ジャーナリスト賞を受賞。

著書はほかに『卵子老化の真実』(文春新書)、『未妊-「産む」と決められない』(NHK出版)、『助産師と産むー病院でも、助産院でも、自宅でも』(岩波ブックレット)、『安全なお産、安心なお産-「つながり」で築く、壊れない医療』(岩波書店)等。

国立大学法人東京医科歯科大学非常勤講師
日本赤十字社助産師学校非常勤講師
NPO法人日本助産評価機構評価委員
日本赤十字社医療センターBFH(赤ちゃんにやさしい病院)推進委員会外部委員
厚生労働省 NIPT等の出生前検査に関する専門委員会構成員

出産ジャーナリストになった理由はこちらから

 

近年の主な仕事

■執筆
私のメインの仕事です。ルポルタージュ、ニュース解説、生活雑感エッセイ、人物インタビューなど幅広くお受けしています。

 

■写真撮影
自分の記事に使用する写真を撮ります。出産施設、学会、研究会、企業のウェブサイト、写真展などのための撮影もします(必要あれば照明機材を使用)。

 

■話す仕事
専門家の学術会議・研修、自治体・民間組織の一般の方向けセミナー、教育機関などでお話ししています。
放送出演(TV、ラジオ、インターネットTVなど)の報道番組、トーク番組でお話ししています。
高校、中学校でライフプランニングの授業をすることもあります。

 

■委員会
一般女性と医療の間に橋を架けたいと願いつつ、専門家、行政の方々と意見を交換しています。

 

■企画の構成・監修
「妊娠・出産は専門性が高く取り組みにくい」と感じる方と組んで、企画や意識調査をご一緒することもあります。

 

あげていないものについてはご相談ください。